751.耳管開放症の漢方治療(4)

症例409(当院の漢方著効例9)、510、535(当院の漢方著効例11)に引き続き、耳管開放症と思われる症例です。
症例は、41歳女性です。
約2ヶ月前から、めまいがあり、近くの耳鼻科を受診したところ、聴力検査で、「低い音が聞こえていない。メニエール病だ。」といわれ、イソバイドシロップ(利尿薬の一種。尿の量を増やし、間接的に内耳のリンパ液を排出してそれらの症状を改善する。主に、めまいや耳鳴り、難聴などをともなうメニエール病の治療に用いられる)の処方を受けました。しかし、全くよくならないため、令和2年5月26日、漢方治療を求めて来院されました。
身長158.5cm、体重44kg、BMI17.6。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、「気虚」体質と考えられました。
詳しく聞くと、耳閉感・自声強聴(自分の声がひびく)もあり、耳管開放症と考え、加味帰脾湯(かみきひとう;症例45、193、239、291、308、409、510,535参照)と、耳鼻科の先生が、メニエール病といわれているので、五苓散(ごれいさん;症例215参照)を合わせて一ヶ月分処方したところ、6月26日に来られ、「飲み始めて4日目から症状がすべて消えました。」といわれました。
そして、症例535の方は、「漢方がまずくて、オブラートに包んで飲んでいます。」といわれましたが、この方は、「イソバイドシロップはもうまずくてしかたありませんでしたが、漢方はおいしくて、飲むとほっとします。」と大変喜んでいただきました。

漢方がお役にたててよかったです。

イソバイドシロップをYahoo!知恵袋で調べてみると、”イソバイドシロップが不味すぎて飲めません”と、以下のような相談が寄せられていました。

軽度の感音性難聴です。内リンパの影響らしいです。耳鳴りに処方されたアデホスコーワ顆粒と漢方は飲めますが、イソバイドシロップだけまずくてのんでません。イソバイドシロップってそんなに効果ありますか?耳鳴りに悩まされています。
それに対するベストアンサーに選ばれた回答が、
イソバイドシロップの目的が脳圧を下げるところにあり、メニエール病にも用いるので、内リンパとは関係あるのではないでしょうか。私は脳浮腫の治療のために飲んでいましたが。トイレも近くなるけど、胃が弱い人は胃にもきますね(苦笑)。ジェネリックのイソソルビドの方が、個人的にはやや飲みやすいように思います。イソバイドの後発品はない、と言われていますが、先生にお尋ねになってみては。薬局でもジュースや炭酸で割って飲んでも良い、と言われました。私は普通に水で薄めて飲んでいました。
でした。私は飲んだことがないのでわかりませんが、相談者は漢方は飲めると言われていますので、相当まずいんでしょうね(笑)。

メニエール病については、こちらいのうえクリニック
五苓散も紹介されています。
耳管開放症については、こちらメディカルノート

752.幼児の口の周りの湿疹の漢方治療

症例は、2歳男児です。
身長85cm、体重10kg。
お母さんが当院で漢方の投薬を受けています。
風邪のあと、鼻水・鼻閉が続くと、令和1年11月6日、相談を受けました。葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)を処方し、続けて飲まれていました。
令和2年1月20日、「顔がかさかさする。」とのことでしたので、紫雲膏(しうんこう;症例54参照)を処方させていただきました。
5月8日、「口の周りの湿疹がひどく(よだれかぶれ)、紫雲膏をいやがる。」とのことでしたので、人参湯(にんじんとう;症例8、110参照)を処方させていただきました。7月2日、来られた時には、完全に治癒しておりました。お父さんが、「塗り薬より、よく効きますね。また味も気に入ったようで喜んで飲んでくれます。」と大変喜んでいただきました。

漢方がお役にたててよかったです。

 

よだれかぶれに関しては、こちら はしもと小児科

「よだれかぶれ」の病態は、IV型アレルギーのひとつである接触皮膚炎で、”よだれ”という刺激がある間はすっかりきれいになりませんと、記載されています。赤ちゃんや幼児の肌にステロイドを塗るのはためらわれますね。人参湯でよだれ自身をとめればよいのです。

漢方医学的な唾液過多の病態と主な漢方薬については、こちらKampo Square

本症例も、症例110にも記載しました裏寒(消化管の機能が悪くなり、体力が落ちて食欲もなくなっているような場合)によって唾液が多くなっている病態だと考えられます。人参湯がよく効きます。
「よだれが多い時は人参湯」というのは昔からいわれてきたことです。

753.にきびの漢方治療

症例は、13歳女性です。
2年くらい前から、顔のにきび(おでこが中心)が出現し、洗顔等で様子をみていましたが改善せず、当院の漢方でよくなった同級生の紹介で、令和2年4月21日、赤穂市から来院されました。
身長163.0cm、体重56kg、BMI21.1。
舌は異常ありませんでした。
他の症状として、汗をかきやすい、しもやけ、鼻血がでやすいがあります。
もやもや病で、今まで2回手術を受け、それによるてんかん予防のための薬、エクセランと貧血治療剤のフェロミア(鉄剤)を内服されています。
紹介者と同じ、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう);症例306参照)を処方したところ、5月19日に来られ、「にきびが膿むことはなくなりました。」といわれましたが、いまいちなので、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう;症例6、27、55,487参照)を追加したところ、6月16日に来られ、「おでこがとてもきれいになりました。」と大変喜んでいただきました。

漢方がお役にたててよかったです。

なお、荊芥連翹湯を追加したのは、近畿大学皮膚科の栁原茂人先生が講演会で、「おでこや鼻(Tゾーン)といった油っぽい部位のにきびには、荊芥連翹湯。頬や顎(Uゾーン)には、柴胡清肝湯(;症例55参照)がよい。」と教えていただいたからです。
その通り、よく効きました。
柴胡清肝湯には、うるおい成分の天花粉という生薬が配合されています。