751.耳管開放症の漢方治療(4)

症例409(当院の漢方著効例9)、510、535(当院の漢方著効例11)に引き続き、耳管開放症と思われる症例です。
症例は、41歳女性です。
約2ヶ月前から、めまいがあり、近くの耳鼻科を受診したところ、聴力検査で、「低い音が聞こえていない。メニエール病だ。」といわれ、イソバイドシロップ(利尿薬の一種。尿の量を増やし、間接的に内耳のリンパ液を排出してそれらの症状を改善する。主に、めまいや耳鳴り、難聴などをともなうメニエール病の治療に用いられる)の処方を受けました。しかし、全くよくならないため、令和2年5月26日、漢方治療を求めて来院されました。
身長158.5cm、体重44kg、BMI17.6。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、「気虚」体質と考えられました。
詳しく聞くと、耳閉感・自声強聴(自分の声がひびく)もあり、耳管開放症と考え、加味帰脾湯(かみきひとう;症例45、193、239、291、308、409、510,535参照)と、耳鼻科の先生が、メニエール病といわれているので、五苓散(ごれいさん;症例215参照)を合わせて一ヶ月分処方したところ、6月26日に来られ、「飲み始めて4日目から症状がすべて消えました。」といわれました。
そして、症例535の方は、「漢方がまずくて、オブラートに包んで飲んでいます。」といわれましたが、この方は、「イソバイドシロップはもうまずくてしかたありませんでしたが、漢方はおいしくて、飲むとほっとします。」と大変喜んでいただきました。

漢方がお役にたててよかったです。

イソバイドシロップをYahoo!知恵袋で調べてみると、”イソバイドシロップが不味すぎて飲めません”と、以下のような相談が寄せられていました。

軽度の感音性難聴です。内リンパの影響らしいです。耳鳴りに処方されたアデホスコーワ顆粒と漢方は飲めますが、イソバイドシロップだけまずくてのんでません。イソバイドシロップってそんなに効果ありますか?耳鳴りに悩まされています。
それに対するベストアンサーに選ばれた回答が、
イソバイドシロップの目的が脳圧を下げるところにあり、メニエール病にも用いるので、内リンパとは関係あるのではないでしょうか。私は脳浮腫の治療のために飲んでいましたが。トイレも近くなるけど、胃が弱い人は胃にもきますね(苦笑)。ジェネリックのイソソルビドの方が、個人的にはやや飲みやすいように思います。イソバイドの後発品はない、と言われていますが、先生にお尋ねになってみては。薬局でもジュースや炭酸で割って飲んでも良い、と言われました。私は普通に水で薄めて飲んでいました。
でした。私は飲んだことがないのでわかりませんが、相談者は漢方は飲めると言われていますので、相当まずいんでしょうね(笑)。

メニエール病については、こちらいのうえクリニック
五苓散も紹介されています。
耳管開放症については、こちらメディカルノート

752.幼児の口の周りの湿疹の漢方治療

症例は、2歳男児です。
身長85cm、体重10kg。
お母さんが当院で漢方の投薬を受けています。
風邪のあと、鼻水・鼻閉が続くと、令和1年11月6日、相談を受けました。葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)を処方し、続けて飲まれていました。
令和2年1月20日、「顔がかさかさする。」とのことでしたので、紫雲膏(しうんこう;症例54参照)を処方させていただきました。
5月8日、「口の周りの湿疹がひどく(よだれかぶれ)、紫雲膏をいやがる。」とのことでしたので、人参湯(にんじんとう;症例8、110参照)を処方させていただきました。7月2日、来られた時には、完全に治癒しておりました。お父さんが、「塗り薬より、よく効きますね。また味も気に入ったようで喜んで飲んでくれます。」と大変喜んでいただきました。

漢方がお役にたててよかったです。

 

よだれかぶれに関しては、こちら はしもと小児科

「よだれかぶれ」の病態は、IV型アレルギーのひとつである接触皮膚炎で、”よだれ”という刺激がある間はすっかりきれいになりませんと、記載されています。赤ちゃんや幼児の肌にステロイドを塗るのはためらわれますね。人参湯でよだれ自身をとめればよいのです。

漢方医学的な唾液過多の病態と主な漢方薬については、こちらKampo Square

本症例も、症例110にも記載しました裏寒(消化管の機能が悪くなり、体力が落ちて食欲もなくなっているような場合)によって唾液が多くなっている病態だと考えられます。人参湯がよく効きます。
「よだれが多い時は人参湯」というのは昔からいわれてきたことです。

753.にきびの漢方治療

症例は、13歳女性です。
2年くらい前から、顔のにきび(おでこが中心)が出現し、洗顔等で様子をみていましたが改善せず、当院の漢方でよくなった同級生の紹介で、令和2年4月21日、赤穂市から来院されました。
身長163.0cm、体重56kg、BMI21.1。
舌は異常ありませんでした。
他の症状として、汗をかきやすい、しもやけ、鼻血がでやすいがあります。
もやもや病で、今まで2回手術を受け、それによるてんかん予防のための薬、エクセランと貧血治療剤のフェロミア(鉄剤)を内服されています。
紹介者と同じ、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう);症例306参照)を処方したところ、5月19日に来られ、「にきびが膿むことはなくなりました。」といわれましたが、いまいちなので、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう;症例6、27、55,487参照)を追加したところ、6月16日に来られ、「おでこがとてもきれいになりました。」と大変喜んでいただきました。

漢方がお役にたててよかったです。

なお、荊芥連翹湯を追加したのは、近畿大学皮膚科の栁原茂人先生が講演会で、「おでこや鼻(Tゾーン)といった油っぽい部位のにきびには、荊芥連翹湯。頬や顎(Uゾーン)には、柴胡清肝湯(さいこせいかんとう;症例55参照)がよい。」と教えていただいたからです。
その通り、よく効きました。
柴胡清肝湯には、うるおい成分の天花粉という生薬が配合されています。

754.両まぶたの発赤・かゆみの漢方治療

次の症例は48歳、女性です。
数年前から、両目のまぶたが赤く腫れ、かゆみも強いとのことで、3か所の皮膚科を受診されましたが、全く改善しないため、知人の紹介で、令和2年7月21日当院へたつの市から来院されました。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、「気虚」体質と考えられました。
身長154cm、体重50kg、BMI21.1。
他の症状として、下痢をしやすい・寒がり・足が冷えるがあります。
梔子柏皮湯(ししはくひとう;症例127、314、443、588、686参照)六君子湯(りっくんしとう;症例97,154、178、179、182、202、248、258、280、291、301、318、350、352、354、365、391、411、419、430、441、447、450、452、459、470、474、477、478、480、488参照)コウジン末(;症例449参照)を1日2回で1ヶ月分処方したところ、8月14日に来られ、「赤味も引いて、痒みもありません。下痢も治っています。」といわれました。

漢方がお役にたててよかったです。
同じような症例を、症例276、症例686にも載せております。


梔子柏皮湯について

症例276にも記載しましたが、梔子柏皮湯は少陽病期虚実間証の薬方であり、山梔子(さんしし)、 黄柏(おうばく)、甘草(かんぞう)の三つの生薬から構成されています。皮膚瘙痒感に頻用される薬方であり、教科書的には皮疹に熱感を伴うことが多いとの記載があります。
中医学的には、本剤は、肝胆湿熱からの肝脾不和による脾の運化機能の失調を改善するとされています。
ストレスを受けると漢方では、五臓の
「肝」が影響を受けます。肝は自律神経を司るところで、この影響を大きく受けるのが五臓の「脾(胃腸系)」です。この肝と脾の調和が乱れる状態を「肝脾不和」といいます。
脾の運化機能については、こちらを参照泰生堂薬局
眼と五臓の関係を論じた「五輪学説」では脾は肌肉を主っているため、「上下の眼瞼は脾胃に属す」とされ、眼瞼および眼瞼周囲の病変から脾胃の異常を考える必要があります。また、「足の少陽胆経」は、胆経に属する足を流れる陽経の経絡です。肝臓と胆嚢は共に中国の五行(木、火、土、金、水)でいうと木に属するため密接な関係を持ちます。
その経脈は眼の外角・耳前後・頸側・顎部や脇・肋・腹・膝・下腿外側を循行します。
そのため「足の少陽胆経」の支配を受ける眼瞼、口囲、口唇をはじめとした顔面や耳前後、頸側や顎部の皮膚病変は、その病因として脾胃や肝胆系の異常を考える必要があります。

(参考文献 眼瞼や口囲などの顔面の湿疹・皮膚炎に対する梔子柏皮湯の使用経験(第2報) 手塚匡哉 漢方研究 2004.5(168-171))

755.脂漏性皮膚炎(湿疹)の漢方治療

次の症例は26歳、男性です。
約1年半前から、頭皮に赤いポツポツ、ニキビ様の発疹が出現し、痒みやフケが目立つようになったそうです。皮膚科で脂漏性皮膚炎と診断され、塗り薬を処方されるも改善せず、脂漏性皮膚炎専用のシャンプーもいろいろ試されたようですが効果なかったそうです。2ヶ月前よりは、お酒をやめたり、ビタミンBの内服を試したりしましたが、それも無効でした。
そんな時、当院のホームページを見て、令和2年6月20日当院へたつの市から来院されました。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、「気虚」体質と考えられました。
身長168cm、体重62kg、BMI21.9。
他の症状として、イライラ・下痢をしやすい・汗をかきやすい・鼻水・肩こり・足が冷えるがあります。
治頭瘡一方(ちづそういっぽう;症例724、723参照)六君子湯(りっくんしとう;症例97参照))を合わせて1日3回処方したところ、7月25日に来られ、「少しましです。」といわれましたので、治頭瘡一方2包に、柴胡清肝湯(さいこせいかんとう;症例55参照)2包を追加(清肝解毒)して、六君子湯を眠前に1包処方したところ、8月29日に来られ、「すっかりよくなりました。」といわれました。

漢方がお役にたててよかったです。

脂漏性皮膚炎(湿疹)については、こちらMedical Note

脂漏性皮膚炎(湿疹)の写真は、こちらをクリック

脂漏性皮膚炎(湿疹)については、高橋道史先生の報告が、病態の把握の参考になります。

「前頭部から後頭部までわずかに両側を残して脂漏性の湿疹で、その浸出物が堆積して、あたかも鉄甲か鉄鍋でもかぶったようになっている。一面べっとりとしていて、頭部の中心部のの毛髪は有るか無いかほとんど判明しない。その堆積を圧すると脂漏性の膿汁が排出される。これが臭気、鼻を突くのである。掻痒感はなはだしく、手ぬぐいの上から掻くためか、かぶった手ぬぐいは分泌物で滲(にじ)んでいる。この湿疹は頭部のみで、他の部位には少しも存在しない…。」
治頭瘡一方の適応病態を理解するのにこの記載は的確で参考になります。

756.気うつの漢方治療中に口腔アレルギーが改善した症例

症例は、57歳、女性です。令和2年2月頃より、夕方になるとのどの痛みが出現し、それが朝まで続き、起きてしまえばいったん収まるそうです。それとは別に、胸の違和感があり、みぞおち辺りや、左肩、乳房、胸の真ん中だったり、背中だったり、場所は移動しますが、鈍い痛みがずっとあったそうです。
3月3日、入浴後からものすごくしんどくなり、息が上がるような感じが出現し、次の日に近医受診し、心電図や胸部X線写真を撮られましたが、異常なし。
それから1週間は、動くのが怖く、寝てばかりで、少し動くと息がハァハァいい、だんだんと背中の痛みが強くなったそうです。
3月10日、鍼治療にいくと、「胸に熱がこもっているかんじですね。」といわれたそうです。
それで、背中の痛みは楽になったそうです。
しかし、体のだるさがとれず、3月12日再び病院を受診し、24時間ホルター心電図をとられましたが、やはり異常なしといわれました。
3月18日、のどの痛みが続くため、今度は耳鼻科を受診されましたが、異常なく、消炎鎮痛剤を1週間処方されました。
それから、少しずつ動けるようになり、自信もついてきて、買い物にも出かけられるにもなったのに、また突然胸の苦しい感じに襲われ、歩くのがやっとの状態になったそうです。
とにかく突然に来るので、怖くて仕方ないそうです。
それとは別に、りんご・キーウィ・いちじく・ビワ・柿・桃・梨・サクランボ・スモモ・ベリー系を食べると、口唇やのどが痒くなるそうです(口腔アレルギー)。
そんな時、当院のホームページを見て、令和2年3月28日当院へ豊岡市から来院されました。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、「気虚」体質と考えられました。
身長154cm、体重41.5kg、BMI21.9。
他の症状として、些細なことが気になる・寝つきが悪い・不快な夢を見る・食後すぐに眠くなる・寒がり・耳鳴り・鼻づまり・息切れ・動悸・髪が抜けやすい・肩こりなどがあります。
茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう;症例50、402、432、440、463、515、542、550、555、558、565、577、585、594、599、602、603、626、638、657、663、666、677、738、741参照)コウジン末(;症例449参照)を1日2回で1ヶ月分処方したところ、4月18日に来られ、「のどはましになりましたが、夜寝る時に、足の裏がほてる(症例466、658参照)。」といわれましたので、八味地黄丸(はちみじおうがん;症例42、58参照)を追加して、遠方のため2ヶ月分処方しました。
その後、9月5日に来られた時には、「ずっと調子よかったのですが、8月に愛犬がなくなり、体調が一時また悪化したそうですが、すぐに改善しました。」といわれました。
また、「さくらんぼや梨など果物がたべれるようになりました。」といわれました。
気虚に使う漢方薬で、早ければ半年ぐらいで花粉症が改善しますので、免疫系もよくなってきたのだと考えられました。

漢方がお役にたててよかったです。

口腔アレルギーについては、こちらAll About

757.過呼吸症候群の漢方治療

症例は、11歳、女児(小学6年生)です。
令和2年6月頃より、たまに過呼吸症候群を起こすようになったそうですが、夏休み明けからは、毎日、数回発作を起こすようになったそうです。
そして、8月20日には、とうとう学校で意識がなくなり、救急搬送されたそうです。
かかりつけの小児科医から、漢方薬の抑肝散(よくかんさん;症例24、25、144、479、722、728、735、736参照)を処方されましたが、全く効かなかったそうです。
知人の紹介で、令和2年8月29日、当院へ加古川市から来院されました。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、また、舌の裏側の静脈が膨れ、枝分かれしており、「気虚」+「お血」体質と考えられました。
身長156cm、体重53kg、BMI21.8。
他の症状として、物事に驚きやすい・些細なことが気になる・乗り物酔いをしやすい・口内炎ができやすい・鼻血が出やすいなどがあります。
茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう;症例50、402、432、440、463、515、542、550、555、558、565、577、585、594、599、602、603、626、638、657、663、666、677、738、741、756参照)甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう;症例61、168、434、460、461、500、502、551参照)を1日2回で、合わせて1ヶ月分処方したところ、9月26日に来られ、「飲み始めて3日目から一度も発作は出なくなりました。」と大変喜んでいただきました。

漢方がお役にたててよかったです。

過呼吸症候群については、こちら近畿メディカルサポートセンタ

 

758.寒冷じん麻疹の漢方治療

症例は、45歳、男性です。
今までは、近くの皮膚科で出された抗アレルギー薬のタリオン単独で、じん麻疹はでなかったそうですが、令和2年12月末から、じん麻疹がひどくなり、クラリチン、セレスタミン、ザイザルを2週間内服してもおさまらないため、令和3年1月20日、漢方治療を求めて当院へ来院されました。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、「気虚」体質と考えられました。
身長171cm、体重78.0kg、BMI26.7と軽度肥満を認めます。
他の症状として、喉から胸のあたりが締め付けられる感じ・みぞおちが痞える・疲れやすい・寒がり・のどが渇く・耳鳴り・頭痛・肩こり・皮膚がかさかさするなどがあります。
寒がりと風呂に入り、ぬくもるとじん麻疹が改善するの2点から、寒冷じん麻疹と診断し、補中益気湯(ほちゅうえっきとう;症例15、166、267、285、328、370、407、410、413、425、442、449、465、476、511、512、551、583、604、625、648、655、748参照)とコウジン末(;症例449参照)麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう;症例49、80参照)を加えて1日2回処方したところ、2月1日に来られ、「全くじん麻疹がでなくなりました。」といわれましたので、さらに1か月分処方させていただきました。

漢方がお役にたててよかったです。

寒冷じん麻疹については、当院の漢方著効例2の症例80を参照下さい。

759.手術後の傷跡が治らないの漢方治療

症例は、65歳、男性です。

普段、糖尿病、高血圧症、高尿酸血症で通院中の患者さんです。
前立腺癌がみつかり、令和2年10月21日、腹腔鏡下手術(前立腺を精嚢や精管などの周囲ごと摘出する)リンパを受けられました。手術は成功しましたが、傷跡がいつまでも治らなかったそうです。
令和3年2月15日、定期の診察に来られた時に相談を受けました。紫雲膏(しうんこう;症例54参照)を処方させていただいたところ、3月19日に来られ、「塗ってから、1週間でうそのように治りました。もっと早く相談していればよかったです。」といわれました。

お安い御用です。漢方がお役にたててよかったです。

傷の治りが悪いのは、糖尿病が関係したのかもしれません。こちらを参照シンクヘルスブログ

ただし、この方は、HbA1cが7.1でしたので、それほど悪いコントロールではありませんでした。

760.犬アレルギーの漢方治療

症例は、5歳、男児です。
1週間前に、自宅で犬を飼いだしてから、一緒に遊ぶたびに目の眼球結膜の部分(白目のところ)が、ブヨブヨになり、すごく痒くなるそうです。知人の紹介で、令和3年2月9日、漢方治療を求めて新宮町から当院へ来院されました。
他の症状として、怒りっぽい、顔がのぼせ、ほてる・口内炎ができやすい、鼻水などがあります。
アレルギー性結膜炎によく使う、越婢加朮湯(えっぴかじゅっとう;症例109、184、245参照)1包を、2回にわけて朝・夕投与したところ、3月23日に来られ、「犬と遊んでも全く症状がでなくなりました。」と、お母さんがいわれました。

大好きな犬と遊べないなんて、かわいそうです。
漢方がお役にたててよかったです。

761.にきびの漢方治療

症例は、20歳女性です。
学生の頃から、にきび(おでこ、みけん、あごが中心)が治らず、昨年、主に漢方を用いて治療をする姫路市の皮膚科へ行き、半年ほど治療を受けましたが、一向に改善しないため令和3年2月22日、来院されました。
身長163.0cm、体重48kg、BMI18.0。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、「気虚」体質と考えられました。
他の症状として、のどが痞える・食後の眠気・鼻水、鼻づまり(花粉症)があります。
以前の皮膚科では、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう);症例306参照)が使われ、無効でしたので、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう;症例6、27、55,487参照)と、生理前に悪化するとのことでしたので、桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん;症例67参照))を1日2回で処方したところ、3月12日に来られ、「肌がとてもきれいになりました。」と大変喜んでいただきました。
なお、あまりに短期間できれいになったので、3月6日に、同じ皮膚科に通院されていた妹さんも紹介して頂きました。

漢方がお役にたててよかったです。

なお、症例753に書きましたが、荊芥連翹湯を追加したのは、近畿大学皮膚科の栁原茂人先生が講演会で、「おでこや鼻(Tゾーン)といった油っぽい部位のにきびには、荊芥連翹湯。頬や顎(Uゾーン)には、柴胡清肝湯(さいこせいかんとう;症例55参照)がよい。」と教えていただいたからです。
その通り、よく効きました。

762.めまい・むずむず脚症候群の漢方治療

症例は、42歳女性です。
7年間に、耳鼻科でメニエール症候群(感音性難聴・内耳性めまい)と診断されています。以後メリスロンを内服されていますが、季節の変わり目などにめまいがでるそうです。
今回、令和3年2月26日からめまいがでているそうです。
めまいは、揺れるような、吸い込まれるような、ふわふわした感じで、常に車酔いしている感じだそうです。
また、めまいの時、吐き気・嘔吐・頭痛もあり、雨や台風の時などは特に体調不良となるそうです。
令和3年3月22日、知人の紹介で来院されました。
身長160.0cm、体重46.5kg、BMI18.1。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、また、舌の裏側の静脈が膨れ、枝分かれしており、「気虚」+「お血」体質と考えられました。
他の症状として、冷え性・腰痛・胃もたれ・胸やけ・下痢・肩こりなどがあります。また、夜下肢の内側がむずむずして眠れないそうです。
五苓散(ごれいさん;症例196参照)と六君子湯(りっくんしとう;症例97参照))とコウジン末(;症例449参照)を合わせて1日2回処方し、加味逍遥散(かみしょうようさん;症例72、141、147、165、169、177、178、182、193、195、196、201、204、210参照))を1包眠前に投与したところ、4月21日に来られ、「大きなめまいがしなくなりました。胃腸も調子いいです。むずむずもしなくなりました。漢方が手放せなくなりました。」といわれました。

漢方がお役にたててよかったです。

763.心不全の漢方治療

症例は、85歳男性です。令和3年2月19日昼から、急に体がだるくなり、食欲も全くなくなり、奥さんが当院で漢方薬を処方していたため、午後4時頃来院されました。
立ち上がるのもやっとの状態で、歩くのも、苦しそうでゆっくりとしかできませんでした。
体温は、36.2℃と正常でしたが、血圧146/76、SPO2が、92-93%と低下しており、心電図では、狭心症や心筋梗塞を思わせる所見はなく、胸部X線写真では、心肥大を認めました。金曜日の午後でしたので、状態が悪化したら怖いので、市内の病院に入院の依頼をしましたが、「心不全でしたら他院をあたってください。」と断られました。仕方がないので、心不全に使う、木防已湯(もくぼういとう))と、念のため、九味檳榔湯(くみびんろうとう;症例150、345、346、348、349、406、422、476、581参照))も併用して1週間分処方しました。土曜日・日曜日体調が悪化すれば、救急車を呼ぶように伝えておきました。しかし、翌日返ってきた採血では、NT-proBNPは278と、すぐに循環器科へ紹介する目安の400以下でしたので、ちょっと安心しました。その後、何の連絡もありませんでしたが、5日後急に来られ、別人のようにさっさと歩かれ、にこにこ笑って、「先生は名医や。」とほめていただきました。すっかりよくなったようで、SPO2 97%と正常になっておりました。

木防已湯はラットで大動脈や肺動脈の血管拡張作用心収縮力増強作用などが認められており、主に左室収縮能の低下した心不全に使用される(土倉 潤一郎先生)そうです。

漢方がお役にたててよかったです。

木防已湯はこちらをクリック日本医事新報社

764.漢方で劇的に体調がよくなった症例(1)

症例は、45歳女性です。年のせいか疲れやすい、気持ちが落ち込み何でもないことに悩む・寝つきが悪いなどがあり、令和3年2月1日、知人の紹介で来院されました。
身長163.0cm、体重55.0kg、BMI20.7。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、また、舌の裏側の静脈が膨れ、枝分かれしており、「気虚」+「お血」体質と考えられました。
他の症状として、微熱が続く・冷え性・のどが痞える・目がかすむ・痰・皮膚のかゆみ・爪がもろい・胃もたれ・下痢・吐き気などがあります。また、直径7cmの子宮筋腫があり、生理痛・生理血に塊があり、婦人科よりウリウェル(月経困難症治療用低用量ピル)が処方されています。
六君子湯(りっくんしとう;症例97参照))と竹筎温胆湯(ちくじょうんたんとう))とコウジン末(;症例449参照)を合わせて1日2回処方したところ、3月1日に来られ、「吐き気・気分の落ち込みは翌日改善し、1週間ほどして下痢がおさまり、それまでは何もしたくなかったのに、今は新しい趣味を2、3個見つけてやっています。」といわれました。不正出血もなくなったそうです。あまりにメンタルが調子いいので、筋腫の治療もかねて、腸癰湯(ちょうようとう)と六君子湯とコウジン末を合わせて1日2回処方し、竹筎温胆湯は眠前に1回処方したところ、3月30日に来られ、「変わりなく元気です。」といわれ、さらに続けたところ、4月28日に来られ、「そんなに高い山ではありませんが、登山ができるようになりました。夜もよく眠れます。」といわれました。

漢方がお役にたててよかったです。

竹筎温胆湯が不眠に良いというのは、私も千福先生に教えていただきました。小林耳鼻咽喉科
(千福先生の講演会をまとめておられます。私が聞いた講演会の内容と全く同じです。参考にして下さい。)

 

765.漢方で劇的に体調がよくなった症例(2)

症例は、41歳女性です。生理前に体がだるく寝込む、生理が始まるとおさまるが、排卵前になるとまた同じ症状になる、不眠症(寝つきが悪い・途中で目が覚める)などがあり、令和3年3月6日、姫路市から来院されました。
身長166.0cm、体重68.0kg、BMI24.6。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、また、舌の裏側の静脈が膨れ、枝分かれしており、「気虚」+「お血」体質と考えられました。
他の症状として、熱がり、顔がほてる、汗をかきやすい、首や肩の凝り、足がむくむ、足が冷えるなどがあります。補中益気湯(ほちゅうえっきとう;症例15、166、267、285、328、370、407、410、413、425、442、449、465、476、511、512、551、583、604、625、648、655、748参照)とコウジン末(;症例449参照)加味逍遥散(かみしょうようさん;症例72、141、147、165、169、177、178、182、193、195、196、201、204、210参照))を合わせて1日2回処方したところ、3月29日に来られ、「症状がすべてとれました。主人からも元気になったといわれました。」といわれました。
次に、4月28日に来られた時には、「爆睡です。朝までぐっすりと眠れます。」と大変喜んでいただきました。

漢方がお役にたててよかったです。

766.男性不妊症の漢方治療

症例は、28歳男性です。
不妊症の精密検査の結果、奥さんには異常なく、ご主人の精子の運動率が低いといわれたそうです。
令和3年3月26日、知人の紹介で、姫路市から漢方治療を求め来院されました。
身長177.0cm、体重64.0kg、BMI20.4。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認めました。また、腹診で、小腹不仁を認めました。
他の症状として、寝汗をかく、目が疲れるなどがあります。
補中益気湯(ほちゅうえっきとう;症例15、166、267、285、328、370、407、410、413、425、442、449、465、476、511、512、551、583、604、625、648、655、748参照)7.5g八味丸40丸(症例530参照)を処方しました。次に4月23日に来られた時には、「特に変わりありません。」といわれました。
そのまま処方を続けたところ、5月26日に来られ、「寝汗をかかなくなりました。」といわれました。
次に7月7日に来られ、「家内が妊娠しました。」といわれました。

漢方がお役にたててよかったです。
男性不妊症については、こちら亀田メディカルセンター

767.メニエール病の漢方治療

症例は、68歳男性です。
5,6年前に、耳鼻科でメニエール病と診断されて、投薬(メリスロン、アデホス等)を受けておりますが、全く改善しないそうです。症状は、左耳の難聴、耳鳴り。それに、めまい時は、ぐるぐる回転性のめまいで、強い吐気を伴います。また、めまい発作の無い時でも、ふわふわ揺れた感じで、いつも船酔い状態だそうです。
令和3年6月18日、知人の紹介で、漢方治療を求め来院されました。
身長170.0cm、体重80.0kg、BMI27.7と肥満傾向です。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認めました。また、厚い白苔を認めました。
半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう;症例51、648参照)5gと五苓散(ごれいさん;症例215参照)5gとコウジン末(;症例449参照)を合わせて処方したところ、7月14日に来られ、「めまいが全く起きなくなりました。」といわれました。

5,6年間も苦しめられためまいがあっさりと治ってしまいました。漢方がお役にたててよかったです。

メニエール病については、こちらメニエール病について | メディカルノート

768.小児心身症の漢方治療

症例は、8歳9ヶ月、女児です。
令和3年5月中旬より、頭の中がもやもやしたり、クラクラし、気持ちの悪い日が続いたため脳外科を受診しましたが、検査の結果、「異常なし。」といわれました。お腹も気持ち悪くなる時もあるそうです。
数日前からは、3回ほど視界が暗くなることがあり、今度は眼科を受診しましたが、やはり、「異常なし。」といわれました。
令和3年6月25日、知人の紹介で、赤穂市から漢方治療を求め来院されました。
身長127.2cm、体重26.0kg。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、白苔を認めました。水毒がメインで気虚もあると考えました。
他の症状として、肩こり、やる気が出ない、時々悲しくなる、不安になる、乗り物酔いする、寝汗をかくなどがあります。
お母さんもパニック症候群で、心療内科に通院されており、自分の娘も過呼吸になるのではないかと心配されておりました。
小建中湯(しょうけんちゅうとう;症例26参照)))10gと苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう;症例20参照)5gを合わせて処方したところ、7月16日に来られ、お母さんが、「元気になりました。」といわれました。本人も、「どこも体調は悪くない。」といわれました。

漢方がお役にたててよかったです。

769.原因不明の疼痛の漢方治療

症例は、41歳男性です。
令和3年3月頃より、右の頸部や肩の痛みが続くため、整形外科を受診し、単純X線写真等の検査を受けましたが、「異常なし。」といわれています。
2,3日前からは、右大腿部の引きつったような痛みが出現し、6月23日、ホームページをみて、たつの市から漢方治療を求め来院されました。
また、以前より頭部に脂漏性皮膚炎があります。
身長180.0cm、体重70.0kg、BMI21.6。
この方の舌を見ると、辺縁が分厚く赤く(この赤みは肝の熱を表しています)、中央に黄色の苔を認め、気滞と考えられました。
他の症状として、寝付きが悪い・手の掌に汗をかく・耳鳴り・目がかすむ・鼻水などがあります。
治頭瘡一方(ちづそういっぽう;症例724,733参照)5gと四逆散(しぎゃくさん;症例63参照)5gを合わせて処方したところ、7月16日に来られ、「痛みはかなり改善されました。頭部の皮膚炎もきれいになりました。」といわれました。

漢方がお役にたててよかったです。

四逆散が適応する方には、緊張に伴う手掌の発汗があるという特徴があります。冷えやうつ熱なども含めて、手に触れるだけでも大事な情報が得られます(志馬 千佳;漢方と診療 Vol.6 No2 p8, 2015)。

四逆散による疼痛の治療はこちらの文献が参考になります。
慢性疼痛に対する四逆散加味方の治療経験(今井 美奈 他) 日東医誌

770.治療に難渋した左坐骨神経痛の漢方治療

症例は、81歳女性です。
約1年前から、立ちあがるとお尻から左足先にかけて痛みやしびれが走り、足腰を伸ばすことができなくなったため、整形外科を受診し、飲み薬や湿布、注射などの加療を受けましたが全く改善しなかったため、知人から勧められた整体を受診したところ、症状がかえって悪化したそうです。令和2年11月20日、知人の紹介で、加西市から漢方治療を求め来院されました。
身長156.0cm、体重46.0kg、BMI18.9。
この方の舌を見ると、色が紫がかり、舌の裏側の静脈が膨れ、枝分かれしており、「お血」体質と考えられました。
他の症状として、冬にしもやけができる・動悸・首や肩こり、足が冷えるなどの症状があります。
疎経活血湯(そけいかっけつとう;症例1参照)5gと当帰四逆加呉茱萸生姜湯 (とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう;症例92参照5gにブシ末を足して処方したところ、12月15日に来られましたが、変化ありませんでした。そこで、当帰四逆加呉茱萸生姜湯を十全大補湯(じゅうぜんたいほとう;症例69、509参照)に変えて処方しましたが、令和3年1月22日と2月24日に来院され、やはり効果ありませんでした。そこで、交感神経の異常な緊張による痛みの可能性を考え、十全大補湯を抑肝散に変え、眠前に牛車腎気丸(ごしゃじんきがん;症例47参照)を追加しましたが、3月16日に来院され、やはり無効でした。
どうしようかと困り果てましたが、平田ペインクリニックの平田道彦先生が、講演会で、十味剉散(じゅうみざさん)の話をされたのを思い出し、祈るような気持ちで、大防風湯桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん;症例67参照)にブシ末を足して1日2回投与したところ、4月20日に来られ、「少しずつ腰が伸ばせるようになりました。」といわれましたので、今度は2ヶ月分処方したところ、6月25日に来られ、「少しずつよくなっています。朝方に体操できるようになりました。」といわれました。さらに続けたところ、8月27日に来られ、「今まで、夜間の痛みのため、寝返りの度に目が醒めていたのが、上を向いて寝ても、横向きで寝ても痛くなくなりました。」と、劇的に改善されました。どんどんストレッチ体操やラジオ体操もされているそうです。

時間がかかりましたが、漢方がお役にたててよかったです。

日本赤十字社栃木県支部大田原赤十字病院 整形外科の吉田祐文先生は、腰下肢痛について、以下のように記載されています。
整形外科領域の日常診療の中でも腰下肢痛は肩こり・関節痛と並び扱うことが非常に多い疾患である。下肢痛をいわゆる坐骨神経痛と考えれば、その原因となる疾患は変形性脊椎症・椎間板症・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・分離症・辷り症などの変性疾患、圧迫骨折・破裂骨折・脱臼骨折などの外傷のように多岐にわたっている。
腰・下肢痛の原因には、腎虚・瘀血・水滞などが関与していると考えられ、牛車腎気丸・八味地黄丸・当帰四逆加呉茱萸生姜湯・芍薬甘草湯などの通常の頻用処方以外にも、十全大補湯・人参養栄湯といった気血双補剤もよく使用します。

十味剉散(じゅうみざさん)について(平田道彦先生;漢方スクエアより)

大防風湯と桂枝茯苓丸の併用は、十味剉散(じゅうみざさん)という方剤のエキス剤による模倣です。十味剉散は明の時代の方剤ですが、「足痛、日を経て、脛肉脱し、行歩艱難の者に効あり。(中略)この薬、また、血を益し、筋を養い、力を生ぜしむ」と説明されています。
「肉脱」とは、文字通り筋肉が無くなって痩せてしまっている状態のことで、何らかの原因で足の筋肉が痩せて、痛みが強く、力が入らず、歩けないものに使用すれば、筋肉が強くなり力が出る、というのです。
大防風湯・桂枝茯苓丸の併用は、十味剉散に比べ薬味が多くなりますが、考え様によっては本来の十味剉散より駆瘀血作用、袪風湿作用、補気作用が加味されて、多面的と言えます。

771.昼間のおもらしの漢方治療

症例は、7歳7ヶ月、男児です。
昼間のおもらしが続く(夜間は時々)ため、令和3年6月26日、漢方治療を求め来院されました。
身長124.4cm、体重21.0kg。
他の症状として、排便2日に1回、汗かきやすい(寝汗)、口の乾燥などがあります。
鼻血なし。食欲普通。
舌診では特に異常を認めず、 腹診では腹直筋緊張(;症例279参照)を認めました。
小建中湯(しょうけんちゅうとう;症例26、29、145、190、192、284参照)10gを1日2回で、一か月分処方したところ、7月29日に来られ、「回数が、ちょっと減りました。」といわれました。さらに続けたところ、8月30日に来られ、「この10日間、まったくおもらしありません。」といわれました。

漢方がお役にたててよかったです。

昼間のおもらしについては、こちらユニ・チャームーライフリー

772.舌痛症の漢方治療

次の症例は、77歳女性です。
令和2年の9月頃から、舌がヒリヒリと痛む(場所は1日のうちで変わる)ため、令和3年1月、口腔外科を受診しましたが、「異常なし。」といわれました。その後、飴やはちみつをなめたり、亜鉛も試しましたが変化がないため、3月19日、漢方治療を求めて当院を受診されました。
身長149cm、体重43kg、BMI19.4。
他の症状として、便秘(3日に1回)・寝つきが悪い・夢が多い・寒がり・目が疲れる・皮膚がカサカサするなどがあります。
この方の舌を見ると、厚くはれぼったい感じがし、また両側の舌の縁に、歯型が波打つようについていました(歯痕舌(しこんぜつ))。また紫がかり、舌の裏側の静脈が膨れ、「瘀血」(おけつ)体質もはっきりとしておりました。
六君子湯(りっくんしとう;症例97,154、178、179、182、202、248、258、280、291、301、318、350、352、354、365、391、411、419、430、441、447、450、452、459、470、474、477、478、480、488参照)5gと、抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ;症例34参照)7.5gを合わせて一ヶ月分処方しところ、4月14日に来られ、「午前中はましになりました。」といわれましたので、眠前に桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん;症例67、91、95参照)2.5gを追加したところ、5月13日に来られ、「ヒリヒリが気にならない時間が長くなりました。」といわれました。さらに続けたところ、7月13日に来られ、「夕食後にヒリヒリしますが、夜は痛みません。」といわれました。9月15日には、「痛まない日がずいぶん増えてきました。」といわれました。

漢方がお役に立ててよかったです。