文字サイズ:


651.顔の湿疹の漢方治療

症例は41歳、女性です。
平成28年3月頃より、顔にニキビ様のぶつぶつが出現し、夜間にチリチリとかゆいため、近くの皮膚科を受診したところ、ステロイドを処方され、1度塗ったところよくなったが、その後赤く腫れあがったそうです。
そこで今度は、ヒルドイド軟膏とビタミン剤を処方されたそうですが、それも無効で、「もう何も塗るな。」といわれたそうで、平成29年1月19日当院を受診されました。
身長158.0cm、体重51kg、BMI19.5。
他の症状として、顔がむくむ・頭痛・肩こり・手足があれる・のぼせる・めまい・青あざができやすい・生理前にふらふらとめまいがしたり、嘔吐するなどがあります。
この方の舌を見ると、色が紫がかり、舌の裏側の静脈が膨れ、枝分かれし、「瘀血」(おけつ)体質を認めました。
温清飲(うんせいいん;症例605参照)桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん;症例67参照)を合わせて処方したところ、2月20日に来られ、「顔のぶつぶつもほとんど消えて、きれいになりました。生理前の体調不良もなくなりました。」といわれました。

類似症例については、症例605、632も参照下さい。

漢方がお役に立ててよかったです。

652.冷え・便秘・肌荒れ・肩こりの漢方治療

症例は41歳、女性です。
上記症状の改善を求めて平成28年11月15日当院を受診されました。
身長164.0cm、体重52kg、BMI20.4。
他の症状として、胸やけ・腹が鳴る・口内炎ができやすい・口の中が苦い・めまい・立ちくらみ・手足の冷え(若い時しもやけができていた)・生理不順(少ない、短い)・痔などがあります。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、色が紫がかり、舌の裏側の静脈が膨れ、枝分かれし、「瘀血(おけつ)」体質を認めました。
手足の冷えに当帰四逆加呉茱萸生姜湯 (とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう;症例92参照) と体を温めるブシ末 を胸やけなどの胃の不調に茯苓飲(ぶくりょういん;症例463参照 合わせて1ヶ月分だしたところ、12月14日に来られ、「過食で、甘いものがやめれません。」といわれましたので、茯苓飲を中止し、むくみ・便秘・肌荒れ・肩こり・冷えに九味檳榔湯(くみびんろうとう;症例150、345、346、348、349、406、422、476、581、638参照)を処方したところ、平成29年1月10日に来られ、「便通もだいぶ良くなり、体調もいいです。ただ肌荒れが気になります。」といわれましたので、眠前に桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん;症例67参照)を追加したところ、2月20日に来られ、「肌の調子がとてもいいです。他の症状も落ち着いています。」といわれました。

漢方がお役に立ててよかったです。

653.生理前の体調不良の漢方治療

症例は40歳、女性です。
毎年、花粉症に麻黄附子細辛湯(まおうぶし さいしんとう;症例49参照)を処方しています。
今年も平成29年2月18日に取りに来られましたが、その時に、「生理1週間前が体がしんどく、また肩凝り・頭痛もひどくなります。」といわれました。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、色が紫がかり、舌の裏側の静脈が膨れ、枝分かれし、「瘀血(おけつ)」体質を認めました。
麻黄附子細辛湯と桂枝茯苓丸加薏苡仁(けいしぶくりょうがんかよくいにん;症例67参照)を合わせて処方したところ、3月22日に来られ、「しんどさがとれ、とても体調がよくなりました。」といわれました。

漢方がお役に立ててよかったです。

654.成長痛の漢方治療

次の症例は症例460の方(8歳8ヶ月;女児)です。
その後ずっと安定していましたが、平成29年2月21日、薬を取りに来られた時にお母さんが、「小さい時から手足がよく痛いといいます。週1回ぐらいで、月曜の夕方から出ることが多いです。痛みで夜が寝られず、寝たとしてもすぐ目が覚め、私が夜中にさすってやります。」といわれましたので、今までの甘麦大棗湯に加えて、成長痛によく使う(下記参照)柴胡桂枝湯(さいこけいしとう;症例39、66、152、155、363、432、484、551参照)を合わせて処方したところ、3月16日に来られ、「痛みをあまりいわなくなりました。」とお母さんがいわれました。
6月1日には、「ほとんど痛みを言わなくなりました。ただ、飲んでいると体調がよさそうなので、続けます。」とお母さんがいわれました。

漢方がお役に立ててよかったです。

成長痛については、こちらをクリック画像の説明ヘルスケア大学


成長痛と柴胡桂枝湯

成長痛の第一選択薬は、柴胡桂枝湯です。
亡くなられた広瀬滋之先生が、「証を考慮しなくてもよく効く処方として、成長痛に柴胡桂枝湯と桂枝加朮附湯を挙げられていますし、第41回日本東洋医学会東海支部学術総会でも、『柴胡桂枝湯が有効であった右膝のオスグッド病(成長痛)の一症例;古橋健彦(神谷医院)』の発表があります。


655.不妊症の漢方治療

症例は35歳、女性です。
結婚4年目になります。3年前に婦人科を受診したところ、「排卵がうまくできていないので、タイミング療法(下記参照)しかない。」といわれています。
生理も不順なため(月に2回来たり、今回は13週あいたりする。)、知人の紹介で、平成28年8月31日、姫路市より受診されました。
他の症状として、肩こり・風邪をひきやすい・疲れやすい・手足のしびれなどがあります。
身長158.5cm、体重47.0kg、BMI18.7とやせぎみです。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、「気虚」体質と考えられました。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん;症例14、158、241、249、254、265、330、338、339、387、400、401、423、452、488、495、497、508、518、531、552、566、567、575、600、608、649)補中益気湯(ほちゅうえっきとう;症例15、166、267、285、328、370、407、410、413、425、442、449、465、476、511、512、551、583、604、625、648参照)と強壮・強精作用のあるコウジン末(;症例449参照)を合わせて一ヶ月分処方したところ、9月30日に来られ、「生理は8/27~9/1、9/8~9/13、9/25~9/30の3回ありました。疲れやすいのは少しましです。」といわれました。10月27日に来られた時には、「生理は10/10~10/15の1回でした。疲れもましです。」といわれました。11月28日に来られた時には、「今回は生理が来ませんでした。念のため婦人科受診してエコー検査をしてもらいましたが、異常なしでした。体温は少し上昇しています。」といわれました。平成29年1月13日に来られた時には、「生理は12/22~12/26の1回でした。体調はいいです。」といわれました。
そして、3月16日に来られた時に、「妊娠しました(7週)。最終月経は1/19です。」といわれました。
3月29日に来られた時には、「順調ですが、便秘気味です。」といわれましたので、大建中湯(だいけんちゅうとう;症例44、123、396、499、585、620参照)を追加したところ、4月19日に来られ、「便通もいいです。」といわれました。

漢方がお役に立ててよかったです。

タイミング療法については、こちらをクリック画像の説明子宝ねっと


656.おでこ中心のにきびとしもやけの漢方治療

次の症例は症例574の方(15歳;女性)です。
そのまま同処方を続けられて、平成29年3月13日に来られた時に、「今年は寒かったのに、しもやけは全くできませんでした。下痢もなく、にきびも出ません。」といわれました。
しもやけといえば、当帰四逆加呉茱萸生姜湯です(症例93参照)が、十味敗毒湯が効くのは初めての経験でした。
このまま続けていただく予定です。

漢方がお役に立ててよかったです。

657.肩こり・頭痛の漢方治療

症例は53歳、男性です。
肩こり・頭痛の漢方治療を求めて、知人の紹介で、平成29年2月23日、加古川市より受診されました。
他の症状として、下痢しやすい・のどが痞える・口内炎ができる・頻尿・汗をかきやすい・風邪をひきやすい・体がだるい・疲れやすい・のぼせやすい・動悸がする・手足の冷え・気分が沈むなどがあります。
身長172cm、体重76kg、BMI25.7とやや肥満気味です。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、「気虚」体質と考えられました。
茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう;症例50、402、432、440、463、515、542、550、555、558、565、577、585、594、599、602、603、626、638参照)葛根加朮附湯(かっこんかじゅつぶとう;症例12参照)を合わせて一ヶ月分処方したところ、3月17日に来られ、「薬を1包飲んだらスーと血が流れるような感じがして、首が締まるような感じや肩こりの症状がとれました。」といわれました。

漢方がお役に立ててよかったです。

658.腰痛・右坐骨神経痛の漢方治療

症例は68歳、女性です。
半年前より、腰痛・右坐骨神経痛(腰から大腿部にかけての痛み)があり、知人の紹介で、平成29年1月27日、受診されました。
他の症状として、便秘・夜間頻尿・頭痛・肩こり・体がだるい・疲れやすい・足があつくなり、外へ出さないとおれない(症例530と下記参照)・夜中に目が覚める・ねつきが悪いなどがあります。
身長172cm、体重76kg、BMI31.2と肥満を認めます。
八味地黄丸(はちみじおうがん;症例42、58参照)疎経活血湯(そけいかっけつとう;症例1参照)を合わせたところ、2月25日に来られた時には、「あまり変化ありません。」といわれました。さらに続けたところ、3月29日に来られ、「今まで一日中痛んでいたのが、朝起床時に少し痛むだけになりました。足のほてりもおさまりました。」といわれました。

八味地黄丸証では、下半身の症状が多く現れます。
排尿異常があり、下半身が冷えます。寒がりなのに足の裏はほてるので、布団から足の裏を出さないと眠れません。
また腰以下のしびれや痛み、下腹部の知覚鈍麻や腹力の低下もあります。
その他、口の乾き・足のむくみ・精力減退・かすみ目や・咳痰もち・耳が遠いなど、高齢になると出現しやすくなる症状が多いです。

漢方がお役に立ててよかったです。

三潴忠道先生によると、
手のひら(手掌)のほてり…温経湯
足の裏(足蹠)のほてり…八味地黄丸
両方(掌蹠)のほてり…三物黄芩湯、小柴胡湯、小建中湯、茯苓四逆湯

だそうです。


659.頸椎ヘルニアの漢方治療

症例は57歳、女性です。
頸椎ヘルニアのため、右手の第2・3指のしびれや痛みがあるため、平成28年10月11日、姫路市より漢方治療を求めて受診されました。
他の症状として、足がむくむ・肩こり・体がだるい・疲れやすい・耳鳴り・めまい・手足の冷え・青あざができやすいなどがあります。
身長155cm、体重50kg、BMI20.8。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、「気虚」体質と考えられました。また色が紫がかり、舌の裏側の静脈が膨れ、枝分かれし、「瘀血(おけつ)」体質を認めました。
補中益気湯(ほちゅうえっきとう;症例15、166、267、285、328、370、407、410、413、425、442、449、465、476、511、512、551、583、604、625、648、655参照)疎経活血湯(そけいかっけつとう;症例1参照)と体を温めるブシ末 を合わせたところ、11月10日に来られ、「しびれや痛みはずいぶんましです。体のだるさや疲れやすさもましです。めまいもでません。」といわれました。そのまま続けたところ、平成29年1月23日に来られ、「疲れた時や、朝に少ししびれるくらいです。調子がいいので1日1回にしてもいいですか。」といわれました。

漢方がお役に立ててよかったです。


本症例では、右手の第2・3指のしびれや痛みがあるので、下の図からするとC7(第7神経根)が圧迫されていると推定できます。

画像の説明
図出展;blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223626581.jpg

660.二人目不妊の漢方治療

症例は34歳、女性です。
平成27年3月に第1子を出産してから、2人目ができないため、平成28年10月24日、赤穂市より漢方治療を求めて受診されました。
他の症状として、軟便・胃がもたれる・頭痛・肩こり・にきび・イライラする・腰痛・手足の冷え・夜中に目が覚める・生理周期が短い・生理痛・だらだら出血するなどがあります。
身長155cm、体重50kg、BMI20.8。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、「気虚」体質と考えられました。また色が紫がかり、舌の裏側の静脈が膨れ、枝分かれし、「瘀血(おけつ)」体質を認めました。
六君子湯(りっくんしとう;症例97参照)加味逍遥散(かみしょうようさん;症例141参照)を合わせて処方したところ、11月22日に来られ、「生理周期が少し伸び、生理も3~4日で終わりました。胃もたれも軟便も治りました。」といわれました。12月17日に来られた時には、「今回は基礎体温があがりませんでした。」といわれましたが、平成29年2月24日に来られた時に、「1月末に妊娠しました。」といわれましたので、漢方薬を当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん;症例14参照)に切り替えさせていただきました。

漢方がお役に立ててよかったです。


気虚の人の生理の特徴

「気」の機能の一つに、「血」など人体に必要なものが体外に漏れ出ないようにコントロールする働き(固摂作用)がありますが、気虚になるとこの力が弱まり、出血しやすくなります。
だらだらと生理が8日以上続き、そのため終わったと思ったら、すぐ次の生理が来ます。このため生理周期が早まります。


二人目不妊については、こちらをクリック画像の説明ASKAレディースクリニック


661.小児の腹痛の漢方治療

次の症例は10歳、女児です。
最近頻繁に腹が痛み、1週間前に近くの小児科クリニックを受診したところ、整腸剤を処方されましたが全くおさまらないため、今度は総合病院の小児科も受診されましたが、整腸剤に胃薬を追加して処方されただけで、やはり全くおさまらないため、平成29年3月7日来院されました。
舌診では特に異常を認めず、 腹診では腹直筋緊張(;症例279参照)を認めました。
小建中湯(しょうけんちゅうとう;症例26、29、145、190、192参照)を一か月分処方したところ、4月10日に来られ、「漢方薬はとても飲みやすかったです。痛みも全然ましになりました。」といわれました。

しばらく続けていく予定です。

漢方がお役に立ててよかったです。
同じような症例を症例186、321に載せております。

662.起立性調節障害の漢方治療

症例は14歳男性です。
中学校1年生の後半より、朝に吐き気と頭痛がして学校に行けなくなり、中学校2年生の時にはほとんど学校に行けなかったそうです。
近医で起立性調節障害と診断され、メトリジン(ミドドリン塩酸塩)2mgを処方されましたが、全く効かないため、服薬をやめたそうです。
平成29年2月10日、知人の紹介で漢方治療を求めて、たつの市から当院へ来院されました。
症状は多彩で、胸やけ・腹痛・・口内炎ができる・食欲不振・鼻づまり・体がだるい・疲れやすい・風邪をひきやすい・のぼせやすい・めまい・立ちくらみ・手足の冷え・気分が沈む・寝つきが悪いなどがあります。
この方の舌を見ると、厚くはれぼったい感じがし、また両側の舌の縁に、歯型が波打つようについていました(歯痕舌(しこんぜつ))。
六君子湯(りっくんしとう;症例97参照)五苓散(ごれいさん;症例196参照)を合わせて一ヶ月分処方したところ、3月17日に来られ、「学校に毎日行けました。胃腸も調子いいです。」といわれました。さらに続けたところ4月21日に来られ、「高校生になりましたが、毎日学校に行けてます。もっと早く来ていればよかったです。」とお母さんがいわれました。

漢方がお役に立ててよかったです。
&br

663.胃痛・背部痛の漢方治療

症例は54歳、女性です。
平成27年12月ヘリコバクターピロリ菌の除菌療法を受けてから、左臍部から左背部にかけての痛みが時々あり、便も軟便が続くため漢方治療を求めて、宍粟市から当院へ来院されました。
症状は多彩で、胸やけ・げっぷ・胃もたれ・みぞおちが痞える・口の中が苦い・口が渇く・肩こり・疲れやすい・のぼせやすい・動悸・腰痛・手がほてる・気分が沈む・寝つきが悪い・眠りが浅い・夜中に目が覚めるなどがあります。
この方の舌を見ると、辺縁が分厚く赤く(この赤みは肝の熱を表しています)、中央に白色の苔を認め、「気滞」体質を認めました。
腹部は軟らかく、胸脇苦満(きょうきょうくまん)(症例39参照)や、腹直筋の張りや中脘(ちゅうかん、下図参照)の圧痛は認めませんでしたが、左天枢(てんすう;症例155参照)の圧痛は認めました。
茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう;症例50、402、432、440、463、515、542、550、555、558、565、577、585、594、599、602、603、626、638、657参照)柴胡桂枝湯(さいこけいしとう;症例39、66、152、155、363、432、484、551、654参照)を合わせて処方したところ、3月14日に来られ、「不眠と軟便はなくなりました。ただ痛みは変わりません。」といわれましたので、柴胡桂枝湯を四逆散(しぎゃくさん;症例63参照)に変えたところ、4月21日に来られ、「痛みも消え、体調がよくなりました。」といわれました。

腹部の所見とは一致しませんでしたが、結果的には柴胡剤をパワーアップすることによりよくなったので、ストレスが原因と考えられました。

漢方がお役に立ててよかったです。
&br

664.小児嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)の漢方治療

次の症例は3歳8ヶ月、女児です。
平成29年4月15日夜から、嘔吐が出現し、総合病院小児科を受診し、点滴を受けられたそうです。しかし翌日も嘔吐が続くため、再度受診し、点滴と整腸剤を処方され、翌々日も点滴を受けましたが、お母さんによると、”行く度に弱る”状態で、4月18日朝、当院を受診されました。嘔吐はなんとか止まっていましたが、発熱は続き、食事もあまりとれない状態でした。
症例3に示した方法で五苓散(ごれいさん);症例215参照)2包をお湯に溶いてお尻から注入しました。
4月18日夕方まで調子よかったそうですが、夜2回、4月20日朝1回嘔吐したため、再度来院されましたので、さらに2包注腸しました。
4月21日には、嘔吐はみられませんでしたが、まだ気分がすぐれずしんどそうでしたので、念のため2包注腸しました。
その後、お母さんが下痢を発症したため、4月23日朝受診されました。一緒についてきていましたが、その時にはすっかり元気になっていました。
昨年のことですが、他院で持続点滴のサーフロー針を入れて(下記写真参照)6回点滴してもよくならなかった症例が1回の注腸でよくなったこともあります。

画像の説明
写真出典:job.yomidr.jp/qa/post_23.html

漢方がお役に立ててよかったです。
&br

665.不妊症の漢方治療

症例は35歳、女性です。
結婚5年目になります。2年前に婦人科で不妊治療を受けましたが、金銭的なことで、中断されましたが、今年に入ってから、再開されました(スプレキュア;本来は、子宮内膜症や子宮筋腫の治療に使われる薬ですが、その作用から排卵誘発効果をもたらすために不妊治療でも使われる。下垂体におけるゴナドトロピンの分泌が促進される「フレアアップ」という現象が起こり、卵胞の発育と排卵が誘発される)。
今回、通年性のアレルギー性鼻炎の治療(スギ・ヒノキ・イヌなどに陽性)のため、平成29年2月15日姫路市から来院されました。
身長159cm、体重43kg、BMI17.0とやせを認めます。
他の症状として、足がむくむ・手足が冷えるなどがあります。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、「気虚」体質と考えられました。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん;症例14、158、241、249、254、265、330、338、339、387、400、401、423、452、488、495、497、508、518、531、552、566、567、575、600、608、649、655)と35歳という年齢を考え(35歳近辺を境に出産率は下がる。原因は「卵子の老化」にあるといわれている)八味地黄丸(はちみじおうがん;症例42、58参照)と鼻炎に小青竜湯(しょうせいりゅうとう;症例109参照)を眠前に合わせて一ヶ月分処方したところ、3月22日に来られ、「妊娠しました。」といわれましたので、当帰芍薬散のみを一ヶ月分処方しました。
4月24日に来られた時には、「順調ですが、においに敏感になっています。」といわれました。

漢方がお役に立ててよかったです。
&br

666.過敏性腸症候群の漢方治療

症例は29歳、女性です。
約5年前より、夜中によく胃痛が起こり、過敏性腸症候群との診断を受けています。
治療を受けても症状が改善しないため、知人の紹介で漢方治療を求めて、姫路市から当院へ来院されました。
症状は多彩で、便秘と下痢の繰り返し・快便感がない・腹がはる・腹が鳴る・胃もたれ・胸が痞える・薬で胃が荒れやすい・頻尿・足がむくむ・口が渇く・肩こり・にきび・夜間の咳・体がだるい・疲れやすい・イライラする・めまい・腰痛・手足の冷え・気分が沈む・寝つきが悪い・眠りが浅い・夜中に目が覚める・生理痛が強い・青あざができやすいなどがあります。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、「気虚」体質と考えられました。また色が紫がかり、舌の裏側の静脈が膨れ、枝分かれし、「瘀血(おけつ)」体質を認めました。
茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう;症例50、402、432、440、463、515、542、550、555、558、565、577、585、594、599、602、603、626、638、657、663参照)柴胡桂枝湯(さいこけいしとう;症例39、66、152、155、363、432、484、551、654参照)を合わせて処方したところ、3月21日に来られ、「胃痛がなくなり、夜もよく眠れるようになりましたが、生理痛はまだ残っています。」といわれました。

もう少し、続けてその後、瘀血の治療を行う予定です。

漢方がお役に立ててよかったです。
&br

667.小児アトピー性皮膚炎と便秘の漢方治療

次の症例は6歳10ヶ月、女児です。
かさかさタイプのアトピー性皮膚炎で、平成26年7月17日より、通院中の患者さんです。黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう;症例222、379参照)で、皮膚もかゆくなくなり調子よかったのですが、平成29年2月27日に来られた時に、「便秘(3日に1回、コロコロ便)と皮膚がほてり、痒みが強くなってきた。」といわれましたので、黄耆建中湯を六味丸(ろくみがん;症例128、194、412、414、457、613、646参照)に変えたところ、3月29日には、「便通がよくなりました。皮膚のほてりや痒みもましになりました。」とお母さんがいわれました。5月2日には、「この薬の方が調子いいです。体力も上がっていますし、便通もいいですし、体臭が気になっていました(六味丸は加齢臭に使うこともあります)が、それもよくなりました。」とお母さんがいわれました。
5月30日には、「ごはんをよく食べるようになりました。便も毎日出ています。」とお母さんがいわれました。

漢方がお役に立ててよかったです。
&br

668.通年性鼻アレルギーの漢方治療

症例は10歳11ヶ月女児です。
幼少期より、年中アレルギー性鼻炎(鼻が痒い・くしゃみ・鼻水・鼻づまり)があるため、耳鼻科で治療を受けても、あまり症状が変わらないため、平成29年3月14日に漢方治療を求めて、当院を受診されました。
詳細は不明ですが、ありとあらゆるものに、振り切れるぐらいアレルギーがあるそうです。
身長131cm、体重27kg。
免疫力アップのため補中益気湯(ほちゅうえっきとう;症例15、166、267、285、328、370、407、410、413、425、442、449、465、476、511、512、551、583、604、625、648、655参照)と鼻炎に葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)を合わせて処方したところ、5月2日に来られ、「漢方を飲んでいると、夜間の鼻閉がよくなり、よく眠るようになりました(以前は鼻閉のため息が吸いにく、ぐずってなかなか眠れなかったそうです)」とお母さんがいわれました。

漢方がお役に立ててよかったです。
&br

669.非結核性抗酸菌症の漢方治療(5)

次の症例は55歳、女性です。
咳と血痰出現し、総合病院呼吸器科で胸部CT検査や痰の検査で非結核性抗酸菌症(肺MAC症)と診断されたそうです。
現在エリスロマイシン(マクロライド系抗生物質といわれるもので、細菌の発育を抑制する作用がある)と胃薬、カルボシスティンを処方されています。
しかし、体調がすぐれないため、漢方治療を求めて、たつの市より平成29年3月8日来院されました。
他の症状として、便秘・胃がもたれる・薬で胃があれる・頻尿・夜間尿・大量の痰・疲れやすい・のぼせる・動悸がする・耳鳴り・夜中に目がさめるなどがあります。
この方の舌をみると、腫れぼったく、歯痕舌を認めました。
身長158cm、体重53kg、BMI21.2。
非結核性抗酸菌症によく使う、人参養栄湯(にんじんようえいとう)六君子湯(りっくんしとう;症例97参照)を合わせて1カ月分処方したところ、4月11日に来院され、「咳は出ますが、血痰は出なくなりエリスロマイシンは中止しています。便秘もよくなりました。ただ、夜間頻尿・中途覚醒・耳鳴りは続きます。」といわれましたので、眠前に、抑肝散(よくかんさん;症例24、25、278参照を追加しました。
次に5月12日に来院された時には、「咳や血痰はおさまっています。ただ口の中のねばっとした感じや色のない痰は少しあります。」といわれました。
調子いいので、このまま薬を続けていく予定です。

670.起立性調節障害の漢方治療

症例は14歳男性です。
中学校1年生の5月頃より、朝に吐き気と頭痛(週に1回は鎮痛剤を飲む)がして学校に行けなくなり、近医で起立性調節障害と診断され、メトリジン(ミドドリン塩酸塩)2mgを処方されましたが、逆に吐き気がひどくなり、服薬をやめたそうです。
平成29年2月14日、姫路市から漢方治療を求めて当院へ来院されました。
症状は多彩で、腹が鳴る・胃もたれ・胸やけ・のどや胸が痞える・口の中が苦い・手がむくむ・汗をかきやすい・のどが渇く・咳が出る・鼻づまり・鼻水・くしゃみ・息が吸いにくい・体がだるい・疲れやすい・食後眠くなる・イライラする・のぼせやすい・動悸・耳鳴り・めまい・立ちくらみ・手足がほてる・手足のしびれ・気分が沈む・寝つきが悪い・眠りが浅いなどがあります。
この方の舌を見ると、厚くはれぼったい感じがし、また両側の舌の縁に、歯型が波打つようについていました(歯痕舌(しこんぜつ))。
六君子湯(りっくんしとう;症例97参照)柴胡桂枝湯(さいこけいしとう;症例39、66、152、155、363、432、484、551、654、666参照)を合わせて一ヶ月分処方したところ、4月12日に来られ、「しばらくよかったが、また体調が悪くなってきました。」といわれましたので、六君子湯を茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう;症例50、402、432、440、463、515、542、550、555、558、565、577、585、594、599、602、603、626、638、657、663、666参照)に、柴胡桂枝湯を半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう;症例51、648参照)と強壮・強精作用のあるコウジン末(;症例449参照)に変えたところ、5月19日に来られ、「あれからとても元気になり、毎日学校に行けてます。」とお母さんがいわれました。

漢方がお役に立ててよかったです。
&br

671.月経困難症とにきびの漢方治療

症例は15歳女性です。
生理1日目に生理痛や吐き気が強く、座っているのも大変な状態で、出血量も多いそうです。また、口のまわりや頬ににきびがあり、皮膚科でミノサイクリン(テトラサイクリン系の抗生物質。細菌が増える時に必要なタンパク質の合成を阻止し、細菌が成長できなくなって数が減り、ニキビの症状が改善される)を1年以上もらっているそうですが、よくならないそうです。
平成29年3月22日、たつの市から漢方治療を求めて当院へ来院されました。
舌は特に異常ありませんでした。
他の症状として、下痢・腹が鳴る・口内炎ができやすい・汗をかかない・口が渇く・のぼせやすい・めまい・立ちくらみなどがあります。
半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう;症例163参照)当帰建中湯(とうきけんちゅうとう;症例427参照)を合わせて一ヶ月分処方したところ、4月15日に来られ、「生理は前回受診の後すぐに来たので、わかりませんでした。にきびはミノサイクリンを中止しても悪化していません。」といわれました。さらに続けたところ、5月18日に来られ、「にきびは試験前で、睡眠不足のため少し出ていますが、以前よりかなりいいです。生理も楽でした。」といわれました。

漢方がお役に立ててよかったです。

月経困難症については、こちらをクリック画像の説明e治験

&br

672.舌痛症の漢方治療

次の症例は症例530の方です。
調子よかったのですが、平成29年3月4日に来られた時に、「舌先がピリピリと痛みます。」といわれましたので、六君子湯はそのままで、八味丸を加味逍遥散(かみしょうようさん;症例141参照 )に変えたところ、4月8日に来られ、「ピリピリ感はだいぶましになりました。」といわれました。さらに続けたところ、5月13日に来られ、「舌の痛みは完全に治りました。」といわれましたので、加味逍遥散を元の八味丸へ戻しました。
よく話を聞くと、子供さんのことで、気になることがあったそうです。

漢方がお役に立ててよかったです。

673.起立性調節障害の漢方治療

症例は15歳男性です。
1年前より、朝に立ちくらみと頭痛のため学校に行けなくなり、近医で起立性調節障害と診断され、メトリジン(ミドドリン塩酸塩)2mgを処方されましたが、少し症状が良くなった程度で、相変わらず朝は起きれないそうです。
平成29年3月23日、知人の紹介で姫路市から漢方治療を求めて来院されました。
症状は汗をかかない・疲れやすい・手足の冷え・寝つきが悪いなどがあります。
この方の舌を見ると、厚くはれぼったい感じがし、また両側の舌の縁に、歯型が波打つようについていました(歯痕舌(しこんぜつ))。
六君子湯(りっくんしとう;症例97参照)苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう;症例20参照)に強壮・強精作用のあるコウジン末(;症例449参照)を合わせて一ヶ月分処方したところ、4月20日に来られ、「先週は朝少し頭痛があったくらいで、調子が上がってきました。」といわれました。さらに続けたところ、、5月25日に来られ、「調子いいです。野球部に入り、毎日練習に参加できています。休みの日でも自分で朝起きてきます。」とお母さんがいわれました。

漢方がお役に立ててよかったです。

674.小児の胃腸炎の漢方治療

次の症例は3歳3ヶ月、男児です。
平成29年5月19日から、下痢が出現し、近くの小児科を受診し、胃腸炎と診断され、抗生物質と整腸剤の処方を受けられたそうです。しかし、熱はさがったものの、下痢と腹痛が5日間続くため、5月23日朝、当院を受診されました。
本人は顔色が悪く、全く元気がありませんでした。聴診で、「腸蠕動音の亢進(グルグルと突進するような音が、1分間に35回以上聞こえる)」がみられました。
症例3に示した方法で五苓散(ごれいさん);症例215参照)1包と人参湯(にんじんとう;症例8参照)1包をお湯に溶いてお尻から注入しました。
午後に再び来られ、「昼前にでた便は水様から、少しドロッとした便になってきました。」といわれました。顔色がずいぶんよくなっておられ、聴診では、「腸蠕動音」が正常に戻っておりました。再度注腸したところ、翌日来られた時には、「ほとんどよくなりましたが、念のためもう1度来ました。」といわれました。
とても元気そうでしたが、念のためもう1度注腸して治療を終了しました。

漢方がお役に立ててよかったです。

675.おねしょの漢方治療

症例は11歳1ヶ月、男児です。
ほとんど毎晩おねしょをするため、泌尿器科を受診し、ミニリンメルト(尿量を減らす抗利尿ホルモン誘導体)内服や、夜尿アラーム(寝る前にお子さまのパンツに小さなセンサーをつけることで、おしっこでパンツが濡れるとアラームが鳴る条件づけ訓練法)をされましたが、少し改善した程度で、昨年9月以降は薬をやめたそうです。平成29年3月30日漢方治療を求めて姫路市から来院されました。
身長141.0cm、体重31kg。
他の症状として、鼻づまりがあるそうです。また怖がりで、眠りが浅いそうです。
この方の舌は異常ありませんでした。 腹診では腹直筋緊張(;症例279参照)を認めました。小さい時にはよく鼻血を出していたそうです。
小建中湯(しょうけんちゅうとう;症例29参照)と、抑肝散(よくかんさん;症例24、25、278参照を合わせて一ヶ月分処方しました。
4月4日に、じんましんで来院された時には、「変化ありません。」といわれました。
さらに続けたところ、5月24日に来られた時には、お母さんが、「薬を飲みだして1ヶ月は、全く変化ありませんでしたが、次の1ヶ月は、11日おねしょをしませんでした。」といわれました。
このまま続けていく予定です。

漢方がお役に立ててよかったです。

676.手首・首・肩・肩甲骨の痛みの漢方治療

症例は54歳女性です。
既往歴として平成27年6月にバネ指の手術をされています。
約2年半前より、手首(ひねると激痛)・首・肩・肩甲骨の痛みが一日中あるため、総合病院の整形外科を受診し、血液検査(リウマチの検査は陰性)やMRI検査等を受けましたが、原因はよくわからず、「とりあえず、痛み止め(ロキソニン)で様子をみましょう。」といわれたそうです。
半年前よりロキソニンが全く効かず、痛みで夜中目がさめるようになったため、平成29年2月28日漢方治療を求めて姫路市から来院されました。
身長152.0cm、体重47kg、BMI20.3。
症状は多彩で、下痢と便秘の繰り返し・のどや胸が痞える・食欲不振・夜間頻尿・手足がむくむ・口が渇く・頭痛・肩こり・手足の荒れ・体がだるい・疲れやすい・イライラする・手足の冷え・手足がほてる・腰痛・手足のしびれ・気分が沈む・寝つきが悪い・眠りが浅い・夜中に目が覚める・いやな夢をみるなどがあります。
この方の舌を見ると、厚くはれぼったい感じがし、また両側の舌の縁に、歯型が波打つようについていました(歯痕舌(しこんぜつ))。
茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう;症例50、402、432、440、463、515、542、550、555、558、565、577、585、594、599、602、603、626、638、657、663、666参照)桂枝加苓朮附湯(けいしかりょうじゅつぶとう;症例23、104、203、206、319、351、402参照)に強壮・強精作用のあるコウジン末(;症例449参照)を合わせて1日2回で一ヶ月分処方しました。
4月4日に来られた時には、「夜間の頻尿は改善しましたが、痛みは続きます。」といわれましたので、それぞれ1日3回に増やしたところ、5月20日に来られ、「痛みがだいぶ楽になってきました。」といわれました。

漢方がお役に立ててよかったです。

677.のどの乾燥の漢方治療

症例は69歳女性です。
平成12年より、のどの異常(つばを乾燥で飲み込むことができなくなり、耳鼻科を受診したところ、口を開けて寝ているためといわれ、マスクをして寝るようにといわれた。)があったそうです。
平成25年、またのどの乾燥と咳が止まらず、総合病院で色々と検査をされましたが、「異常なし。」といわれました。
さらに平成27年母の看病疲れのためか、またのどの異常感が出現し、耳鼻科を受診したところ、「年齢のせい。」といわれました。症状が続くため、7月胃カメラを受けたところ、「のどが脹れている。」といわれ、また耳鼻科を勧められ受診したところ、ムコダイン(去痰剤)とクラリス(抗生剤)と半夏厚朴湯を処方されましたが、よくなりませんでした。
平成29年3月7日、ホームページを見て、たつの市より受診されました。
身長157.0cm、体重48kg、BMI20.3。
他の症状として、のどが痞える・口の中が苦い・風邪をひきやすい・疲れやすい・イライラする・耳鳴り・手足の冷え・気分が沈む・寝つきが悪い・夜中に目が覚めるなどがあります。
この方の舌を見ると、腫れぼったく、歯痕舌を認め、「気虚」体質と考えられました。また色が紫がかり、舌の裏側の静脈が膨れ、枝分かれし、「瘀血(おけつ)」体質を認めました。
茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう;症例50、402、432、440、463、515、542、550、555、558、565、577、585、594、599、602、603、626、638、657、663、666参照)加味逍遥散(かみしょうようさん;症例141参照 )を合わせて1日2回で一ヶ月分処方しました。
4月6日に来られた時には、

  • 朝がスーと起きれるようになった
  • 足の冷えが改善
  • 夜中と起床時の口の中の苦みが改善

しかし、まだのどの乾燥はもどらないそうです。強壮・強精作用のあるコウジン末(;症例449参照)を追加したところ、5月11日に来られ、

  • のどの違和感が10から8くらいによくなった
  • また、昼間はのどの事を忘れている日がでてきた
    そうです。

このまま続けていく予定です。

漢方がお役に立ててよかったです。

678.腹痛の漢方治療

次の症例は46歳、男性です。
昨年秋頃より、会社について椅子についたとたん脇腹(左>右)が痛むようになり、平成28年11月24日、消化器専門の内科で胃カメラを受けたところ、十二腸潰瘍瘢痕のみで、ピロリ菌も陰性だったそうです(腹部超音波検査も異常なし)。
他の症状として、のどが痞える・腹がはるの症状もあります。
加療を受けるも改善しないため、平成29年5月27日、姫路市より受診されました。
身長167.0cm、体重74kg、BMI26.5。
この方の舌を見ると、辺縁が分厚く赤く(この赤みは肝の熱を表しています)、中央に白色の苔を認め、「気滞」体質を認めました。腹診で、みぞおちが硬くなっており(心下痞硬という)、胸脇苦満(=胸から脇(季肋下)にかけて充満した状態があり、押さえると抵抗と圧痛を訴える状態)と腹直筋攣急もあり、腹に2本の棒を立てたように触れました。
四逆散(しぎゃくさん;症例63、102参照 )を1ヶ月分処方したところ、6月17日に来られ、「四逆散を飲んですぐに、痛みは楽になりました。」といわれた。

漢方がお役に立ててよかったです。