漢方の勉強に行ってきました!

4月13日、漢方の勉強のため神戸に行ってきました。
講演は、漢方メーカーの小太郎漢方製薬主催の「漢方皮膚科における「瀉」と「補」」という内容でした。講師は小林裕美先生です。先生は2014年まで、大阪市立大学皮膚科准教授を務められ、2015年にこばやし皮ふ科クリニックを開設されました。
貴重な話がたくさん聞けました。その中で一番興味深かったのが、次の内容です。
アトピー性皮膚炎の場合、食事に気をつけるだけで、かなりよくなるということでした。
食事は、昭和30年代の食卓が理想(唯一の欠陥は白米食であったこと。白米を玄米に変えると完壁)だそうです。内容はこちらを参照ください。

その他にもたくさんためになる話が聞けました。
明日からの診療に生かしていきたいと思います。

Follow me!