桜の写真

ここでは、簡単にふれておきます。

東洋医学では、体全体が「気・血・水」によって構成されると考えられています。「気」「血」「水」の三つの成分は、互いに助け合い、コントロールし合い、関係し合いながら全身を巡っています。これらのバランスが崩れ、内外の病邪によりそれぞれの状態が変化し、その人特有の病態証:しょうを呈します。
漢方ではこの不均衡を補正することで、望ましい状態が得られると考えます。

 

夏山の写真
「気」とは、すべての臓器や器官の働きをつかさどる生命エネルギーです。「気」は生命力そのもので、人間が生きているそのことが「気」です。「気」が0になってしまうと、人間は死んでしまうとされています。元気のもとで、次のような働きをしています。
  • 新陳代謝を促す。
  • 体温を正常に保ったりする。
  • 病気から体を守る防御作用。
  • 食べ物をエネルギーに変える。
  • 「気」が失調すると「血」「水」にも支障が起こります。
    人体の構成成分を陰陽に分けると、気は陽(よう)に当たります。
もみじ
「気」の力を受けて生命そのものを動かしているのが「血」です。「血」は血液とその働きであり、全身に栄養を与え、潤す作用を意味しています。また、血が不足するとイライラしたり、ぼんやりしたりしてしまい、精神面にも大きな影響を与えます。「気」の影響を受けやすいです。陰陽(いんよう)に分けると、「血」は「水」と共に陰(いん)の部分を担っています。

画像の説明

白鳥の写真

「水」は体内にある組織液や消化液など血液以外のすべての体液を意味し、体の潤いのもとです。
「水」は無生物」です。気」や「血」の力で動かされている無生物が「水」です。
だから、「水」が単独で病むことは絶対にないのです。なぜなら無生物だからです。
水の病症をおこすのは、一番基本は気が病んで水が病むことです。

要するに生命である気で動かされて、血が生命現象を営み、そういうものに従って非生命現象として動くのが水という事なのです。病証として気、血、水が現れるのですが、対等に論ずるものではないのです。
(下田 憲先生)。